忍者ブログ
[PR]


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


[PR] |
1702共立マテリアル株の倒産危険度


<会社概要>
陶磁器・ガラス原料から電子部材製造に展開。電子部材は自社製造、セラミック原料は輸入品

<安全性確認指標:2010年3月6日時点>
○株主資本比率:79%(業種平均58%)
○流動比率:427%(業種平均236%)
○当座比率:259%(業種平均168%)

<分析の前提>
株主資本比率が高ければ高い(100%に近い)ほど財務体質が健全。
株主資本比率が低ければ低いほど倒産危険度が高まり、特にマイナスだと債務超過の状態。
流動比率は200%以上、当座比率は100%以上であれば短期的な資金ショートのリスクが低い。

<分析>
株主資本比率は79%と高く、業種平均よりも高い。
流動比率は427%と非常に高く、業種平均よりも非常に高い。
当座比率は259%と非常に高く、業種平均よりも非常に高い。
他の銘柄と比較して、倒産危険度が非常に低い財務体質と言える。
PR

1702共立マテリアル株の倒産危険度 | Comments(0) | TrackBack(0) | 鉱業株の倒産危険度
5015ビーピー・カストロール株の倒産危険度


<会社概要>
国際石油資本BPが筆頭株主。BPジャパンと合併し、日本での自動車用潤滑油事業を統合

<安全性確認指標:2010年2月10時点>
○株主資本比率:67%(業種平均34%)
○流動比率:289%(業種平均133%)
○当座比率:66%(業種平均74%)

<分析の前提>
株主資本比率が高ければ高い(100%に近い)ほど財務体質が健全。
株主資本比率が低ければ低いほど倒産危険度が高まり、特にマイナスだと債務超過の状態。
流動比率は200%以上、当座比率は100%以上であれば短期的な資金ショートのリスクが低い。

<分析>
株主資本比率は67%と高く、業種平均よりも高い。
流動比率は289%と高く、業種平均よりも高い。
当座比率は66%と低く、業種平均よりも低い。
他の銘柄と比較して、倒産危険度が低い財務体質と言える。


5015ビーピー・カストロール株の倒産危険度 | Comments(0) | TrackBack(0) | 鉱業株の倒産危険度
1514住石ホールディングス株の倒産危険度


<会社概要>
石炭は豪州等からの輸入炭。石炭、新素材、採石、建材のコア4事業に集約、再建計画は順調

<安全性確認指標:2009年11月27日時点>

○株主資本比率:22%(業種平均57%)
○流動比率:72%(業種平均267%)
○当座比率:44%(業種平均170%)

<分析の前提>
株主資本比率が高ければ高い(100%に近い)ほど財務体質が健全。
株主資本比率が低ければ低いほど倒産危険度が高まり、特にマイナスだと債務超過の状態。
流動比率は200%以上、当座比率は100%以上であれば短期的な資金ショートのリスクが低い。

<分析>
株主資本比率は22%と低く、業種平均と比べても低い。
流動比率は72%と低く、業種平均と比較しても低いが。
当座比率は44%と低く、業種平均と比較しても低い。
短期的な資金ショートのリスクも懸念される。
他の銘柄と比較して、倒産危険度が懸念される財務体質と言える。


1514住石ホールディングス株の倒産危険度 | Comments(0) | TrackBack(0) | 鉱業株の倒産危険度

| 上場企業の倒産危険度・株分析 |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]